スポンサーリンク

こんばんにゃ、ハナです。

爪切り時に暴れる猫に

効果的な洗濯ネットですが

ある弊害が発生してしまいました…

 

 

動物病院に連れて行くときなど

脱走防止にも便利な洗濯ネット

爪切りのときに使う方も多いですね。

 

 

洗濯ネットの隙間から

猫の爪だけを出すようにして

爪切りを行うので

 

 

洗濯ネットの中で暴れても

噛まれたりひっかかれるリスクは

格段に低くなります

 

 

 

 

見た目は可哀相な気もしますが

洗濯ネットを使用するのは

安全を確保するためのもので

 

 

用途は爪切りのみに限らず

行き慣れていない病院に行ったときや

突然の災害などに驚いてしまい

パニック行動を起こしたときには

 

 

不安な状態に陥った

猫の行動を制限することで

暴れるうちに爪を引っ掛けて怪我したり

脱走して車に轢かれてしまう危険から

猫の身を守ってくれるものです。

 

 

 

しかし

洗濯ネットで捕獲されることに

全く負担がないわけではないです。

 

 

実際にストレスによる弊害が

発生してしまったという体験談

ご紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

洗濯ネットを使った弊害

2016-08-12_170334

 

 

洗濯ネットを使った捕獲方法は

災害時などパニックになった際には

 

 

緊急で捕獲し動きを制限するのに

適したやり方なのでしょうが

爪切りなど頻繁に必要な事情で

常時使うのはやはり良くないようです。

 

 

原因が洗濯ネットだけではないにしろ

ハゲが出来るほどのストレスが

かかってしまう可能性を考えると

過度な使用は控えた方が良さそうですよね。

 

 

 

人が円形脱毛症になるのは

ストレスや疲労などによって

免疫に異常が起こることで

一部分だけ髪が抜けてしまうそうです。

 

 

猫もストレスなどによって

免疫異常を起こすことが

あるかもしれません。

 

 

洗濯ネットを使っているうちに

いつもと違う行動を取るようになったり

小さくても異常を感じることがあったら

使用を止めて様子をみましょう

 

 

洗濯ネットを使う以外にも

爪切りが苦手な猫でも

上手に爪を切る方法はあります

そちらを参考にしてみてください。

爪切りを嫌がる猫も暴れることなく切るための方法3つこと

 

爪切りに洗濯ネットを使うコツ

洗濯ネットに入っても

問題ないよという猫にとっては

爪切りの強力な補助アイテムです。

 

 

特に後ろ足の爪切りが

なかなか出来ない方には

とても助かるものだと思います。

 

2016-08-12_213047

 

 

洗濯ネットに入ってる限り

逃げ出すことも出来ませんし

身動きもそう取れないので

反撃も最小限で済みます。

 

 

洗濯ネットの隙間から

ニュッと飛び出した爪を

サッと切っておしまいにしましょう。

 

 

使用する洗濯ネットは

荒めの網目タイプ

猫がすっぽり入るように

体より大きめの物

使うようにしてくださいね。

 

 

細かい網目の物では

爪を外に飛び出させるのに

苦労することになります。

 

 

また

爪切り以外にも病院に行くときにも

洗濯ネットを使うという方など

 

 

他の用途でも洗濯ネットを使う場合

洗濯ネットを使った後には

ご褒美をあげましょう

 

 

そうすることで

洗濯ネット=ご褒美がもらえる”と

インプットできることがあり

 

 

洗濯ネットに入れたら

おとなしくなってくれる

可能性が上がります

 

 

猫の爪切りは苦手な子だと

とことん苦戦してしまいますが

切らないで放置しておくと

大変なこともあります。

猫の爪を切らないで放置していると起きる3つの問題

 

 

どうにかこうにか工夫しつつ

根気よく取り組んでいきましょう。

 

ハナの一言

ハナハナ

この網網…出れないにゃ

観念なのにゃ

でも早く出してほしいにゃ


スポンサーリンク