スポンサーリンク

こんばんにゃ、ハナです。

遊んでほしい飼い主の気持ちと裏腹に

ねこじゃらしで遊ばない無反応な猫

全然じゃれない…とお悩みの方へ

 

 

ハナハナ

ねこじゃらし…??

お子様の遊びは卒業したのにゃ

 

てな感じで

最近はてんで無反応なハナさん

ねこじゃらしで遊ばなくなりましたね…

 

 

気分が乗った時しか

じゃれてくれません。

お歳でしょうか・・・

 

スポンサーリンク

ねこじゃらしで遊ばない3つの理由

ねこじゃらしを出したら

猫はじゃれて遊んでくれるもの

そう思っていた飼い主さんも

多いのではないでしょうか?

 

 

嬉々として

ねこじゃらしを買ってきたものの

完全に無反応・無視の我が子に

 

なんだか寂しい…

ショックを受けた…

という同士の方いらっしゃいますよね。

 

 

まず、大前提として

積極的に遊んでくれる猫と

全然興味なしで遊ばない猫と

 

個体差が分かれることを

知っておいてください。

 

 

その上で

ねこじゃらしで猫に遊んでもらうために

じゃれない理由を知っておきましょう

 

理由①歳を取ってしまった

飼い猫歴が長く

家の中での生活に慣れ

歳を取ってしまった猫は

遊ばなくなることがあります。

 

 

元々

猫がねこじゃらしで遊ぶのは

ハンターとして狩りの練習の一環です。

 

 

家猫として育ち

狩りの必要性のないまま

歳を重ねてきた猫は

 

 

加齢による運動量の低下と共に

ねこじゃらしで遊ばなくなる

傾向にあるようです。

 

 

“昔は遊んでくれたのにな…”

“最近全然じゃらないじゃん…”

というタイプはこの理由でしょう。

 

理由②猫が遊ぶ気になってない

普段はけっこう遊んでくれる子が

今日は無反応、遊ばないな…

というときには

 

 

猫のテンションが

“遊び”モードになっておらず

ねこじゃらしに飽きてる可能性があります。

 

2016-07-16_141712

2016-07-16_141540

 

 

いつも同じものを使っていたり

似たような動きばかりだと

段々と飽きてきてしまうようです。

 

 

また

“おねむ”モードで

リラックスしてるときなども

プイッと見ぬふりされますね 笑

 

2016-07-16_142226

 

理由③好きなねこじゃらしの種類がある

ねこじゃらしと言っても

多種多様の種類があって

猫によって好き嫌いがあります

 

 

あのねこじゃらしは遊ぶのに

こっちはじゃれないなんてことも

けっこうよくあることです。

 

 

猫が狩りのターゲットとするのは

陸上のネズミやヘビ

空中の虫や鳥など

 

 

ニョロニョロ長い”タイプが好きな子

丸くて小さい”タイプが好きな子

糸で吊るされた”タイプが好きな子

 

 

猫それぞれに

ねこじゃらしの好みが

はっきり分かれることは

往々にしてよくあります。

 

 

どのタイプに反応するのか

いろいろと遊んでお試しください。

 

 

2016-07-16_142643

 

そこはじゃれないで~と

飼い主が悲鳴を上げるところに限って

じゃれるなんてのも猫あるあるでしょうか 笑

 

 

また

ねこじゃらしには無反応でも

ビニール袋に反応する子も多いのでは?

 

 

カサカサって鳴るあの音が

猫のハンター心をくすぐるようです。

猫は視覚より聴覚が優れてるからでしょう。

 

 

せっかくなら

ねこじゃらしで遊んで~”と願うのが

飼い主の願望ではありますが

 

ビニール袋だとしても

猫が楽しく遊んでくれれば

いいじゃないですか 笑

 

ハナの一言

ハナハナ

気分が乗った時は遊んであげるにゃ

ニョロニョロ持ってきて~

スポンサーリンク