スポンサーリンク

こんばんにゃ、ハナです。

 

室内飼いしてた猫が

もしも脱走してしまったら

すぐにやるべき探し方について。

 

 

室内飼いをしていた猫が

家を飛び出し脱走してしまった…

 

 

外には絶対に出さないようにしてたのに

急な好奇心で脱走を計る可能性は

決してゼロではないですね。

 

2016-09-14_204001

2016-09-14_204221

 

 

もしも猫が脱走してしまった場合

自力で見つけることが出来るかは

時間との勝負になってきますので

すぐに行動に移してください

 

 

それでは

室内飼いの猫が脱走したら

すぐにやるべき探し方について

3つご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

室内飼いの猫の探し方

室内飼いの猫が脱走して

外の世界に出ていってしまうのは

ちょっとした好奇心がきっかけとなり

フラッと出て行くことが考えられます。

 

 

家の近くまで野良猫が来たり

窓の外にいた虫を追いかけようと

脱走する恐れがあるんですね。

 

 

しかし

室内飼いの猫にとって

初めての外は未知の世界です。

 

 

知らない場所、知らない匂いに

急に不安が顔を出してきて

勇んで脱走を計ったものの

ビビリになることは十分にあり得ます

 

 

そのため

室内飼いの猫は脱走したとしても

すぐ遠くまで行ってしまう可能性は

比較的少ないと考えていいでしょう。

 

 

そこで

室内飼いの猫が脱走したら

すぐやるべき探し方が

こちらの3つとなります。

 

探し方①家の周りをくまなく探す

猫は縄張り意識の強い動物です。

 

部屋の柱や物などに

体をスリスリしてはいたるところに

自分の匂いをつけ安心できる

居住空間を維持しています。

 

 

しかし

脱走して知らない匂いだらけの

外の世界にやってきた猫は

 

 

急に不安に襲われて

物陰に隠れる可能性が高いです。

 

 

家の敷地内に

隠れるスペースがある場合は

まずは中心的に探しましょう

 

 

  • 駐車場に止まってる車の下
  • 室外機の下の隙間
  • 物置があればその下の隙間

 

猫が入れそうなところは

くまなく探すようにしてください。

 

 

少し好奇心の強い子だと

外の世界をより眺めようと

塀の上なども考えられます。

 

探し方②トイレの砂をまく

家の周りにトイレ砂をまいて

猫の嗅覚に訴えかけましょう。

猫は自分の匂いがするものに安心します

 

 

特にオシッコは

縄張りを主張する意味もあり

猫にとっても特別な匂いです。

 

 

隠れていて見つけられなくても

トイレの砂の匂いを嗅ぎつけて

猫が出てくる可能性があります

 

 

可能な範囲で玄関先や庭など

家の敷地内にパラパラと

道しるべのようにまいてください。

 

 

もし

トイレ済みの砂があったら

そちらの方が効果は高いでしょう。

 

 

ただし

道路にまではみ出してまくのは

もちろんご法度です。

 

 

匂いを気にする人もいますので

隣近所から苦情が来た場合は

即座に片づけるようにしてください。

 

 

脱走猫を見つけて捕まえるには

近所の方の協力は必要不可欠です。

嫌われてしまうと後々困ることになります。

 

探し方③名前を呼びながら探す

物陰に隠れてる猫を探す時は

名前を呼びながら探しましょう

 

 

目の届きにくいところに隠れてても

飼い主さんの声が聞こえたら安心して

“にゃ~”と鳴き返してくれるかもしれません

 

 

鳴き声を頼りにして

大方の方向が分かるだけでも

発見率は高まるでしょう。

 

 

また

ご飯の合図に鳴らしてる音

遊んでるおもちゃの鈴など

猫が聞き慣れた音を鳴らすのも

効果があるかもしれません。

 

 

ただ

警戒心が高まってることは

くれぐれも忘れないようにしてください

 

 

名前を呼ぶのはいいのですが

急に大声を出したりすると

猫がビックリして飛び出し

遠くに逃げてしまう危険性が出てきます

 

 

“出てきて~”と呼びかけるように

優しく呼んであげてくださいね。

 

ハナの一言

ハナハナ

知らない景色、知らない匂いは不安だにゃ

おうちに戻りたいけど、ここから出れないにゃ


スポンサーリンク